inTOWN(インタウン)内VRの基本的な使い方

inTOWNのVRはとても簡単!VRゴーグルがあってもなくても、家の中を360度自由に見て回ることができます。
ここでは、基本的な操作アイコンについてご説明していきます。
もっと詳しい使い方を知りたいときや、「これは何ができるのかな?」と疑問に思われた際にご参照ください。

VR領域のご説明

intown
1

「VRで表示」

VRゴーグルを使って内覧する場合は、このアイコンで画面をVR用のモードに切り替えます。
お持ちのゴーグルでご覧になれる場合は、下の画面が表示されます。
「Enter VR」を選択して、VR内覧をお楽しみください。

※ゴーグルをお使いにならない方は、①のアイコン操作は必要ありません。ページが表示されたそのままのモードで内覧をお楽しみください。
※下記②以降は、ゴーグルなしでもお使いいただける機能です。

intown
2

「このSpaceを共有する」

この空間をSNS やメールでシェアできます。
ご家族間やお友達とのご共有にお使いください。

intown
3

半透明の白い円形のマーク

主に床部分、まれにソファなど家具の上にも点在している円形のマークは、“スウィープ”と呼ばれ、「その場所まで移動できる」ことを示しています。
移動したい位置のマークにカーソルを合わせると、下のように白色が濃くなり、その状態でクリックすることでその場所に移動できます。

少し離れた位置にあるスウィープも、選択できれば移動可能なので、見たい位置までショートカットで移動する目的でもお使いいただけます。

intown
4

設備やインテリアの説明

このマークをクリックすると、設備やインテリアなどの説明を見ることができます。
マークがついている場所の特徴や機能、家具のブランドなどを知ることができるので、ぜひクリックしてご覧ください。

intown
5

再生

このアイコンをクリックすると、自分で操作しなくても、自動再生で家の中を巡る動画が見られます。
再生状態の間は、同じ位置に表示される「一時停止」アイコンで動きを止めることができます。
自動再生をやめて任意での移動に戻りたい場合は、VR 領域のどこかをクリックしてください。

intown
6

ドールハウスの表示

3Dで家を立体的に見渡せるモードです。
この状態でカーソルを左右・上下に動かしたり、マウスホイールを動かすことで、家の角度を変えたり、寄り引きしてみることができます。
気になる部屋を見つけたら、クリックしてその場所に移動することも可能です。

※元のモードに戻る場合は、左下に現れる人型のアイコンをクリックするか、任意の部屋をクリックしてください。

intown
7

フロアプランの表示

今いる階の間取りが見られます。見たいスペースをクリックすれば、その場所に移動することも可能。
元のモードに戻りたいときは、左下に表示される人型アイコンをクリックするか、見たい部屋をクリックしましょう。

intown
8

フロアセレクター

手軽に別の階へ移動できるアイコンです。フロア1は1階、フロア2は2階に移動できます。
また、⑥のドールハウスや⑦のフロアプランのモードの表示時に使えば、各階だけの表示やすべての階の表示で、状態を切り替えることができます。

intown
9

測定モード

気になる場所を測ることができます。まずは、中央の「+」ボタンをクリック。

intown

次に、測りたい場所の始点と終点をそれぞれクリックします。
正しく選べたら、中央のチェックボタンをクリック。

intown

下図のように測った場所の寸法が表示されます。また、「+」マークをクリックして続けて他のスペースを測定することも可能です。

intown
intown

測定したデータを消すときは、消したい部分の線を選択し、中央右に表示されるごみ箱マークをクリック。

intown
intown

測定モードを終了するは、右上の「×」マークをクリックするか、「Esc キー」を 2 回クリックします。

intown