2021.12.14
お気に入り

あこがれの北欧デザインのインテリアを取り入れたい

注文住宅
ライフスタイル提案

シンプルで温かみのある北欧デザインは日本でも人気のスタイルです。新しい住まいは北欧デザインでコーディネートしたいと望む方も多いのではないでしょうか。ここでは、家づくりの際に知っておきたい北欧デザインの魅力と取り入れ方のヒントをまとめました。

北欧デザインの特徴と魅力とは

北欧デザインとは、スウェーデンやフィンランド、デンマーク、ノルウェーなど北欧の国々で生まれたデザインのこと。自然の素材を用いたり、自然をモチーフとした柄や色使いなどが特徴で、温かみがありシンプルなデザインが魅力です。

北欧デザインには、北欧の地理的な環境が大きく影響していると言われています。冬の夜が長く、日照時間も短いという自然環境のため、家の中で心地よく過ごすことを大切にする精神が息づいているのです。長く愛着をもって使うことができ、シンプルで飽きのこないデザインは、空間づくりや家具、ファブリックや食器類にいたるまでみることができるでしょう。

スウェーデンハウス「グラン」/ STVハウジングプラザ 平岡

北欧デザインの空間づくり

北欧の住まいは、すっきりとした外観デザインや木の温もりを感じるインテリアだけでなく、厳しい自然環境に適する断熱性や気密性など性能面も優れています。高い断熱性を持たせることで、リビング・ダイニング・キッチンがつながるなど開放的な間取りも多くみられ、比較的シンプルなつくりが特徴でしょう。

すっきりとした空間構成、無垢材や石素材などの自然素材を用いたプランは、日本人には馴染みやすく、多くの方が魅力を感じている部分かもしれません。無垢のフローリングや自然塗料を取り入れることで温かみのあるインテリアとなりますし、ナチュラルな空間は畳など日本の素材との相性もいいものです。

窓には、木製サッシを取り入れる場合も多く、断熱性だけでなく、外観デザインやインテリアとしても魅力的な窓辺となります。また、暖炉やストーブを設置することで、暖かさの確保するのはもちろん、火を囲んでの家族団らんの場も生まれるでしょう。

スウェーデンハウス「アルム」/ 北海道マイホームセンター 札幌森林公園駅前会場

家具やファブリックで大きく変わる

日本でも根強い人気がある北欧デザインの家具。多様なデザインがみられますが、いずれも温かみのある普遍的なデザインと実用性の高さが特徴です。ソファやテーブル、椅子など、誰もが一度は見たことがある魅力あふれるデザインが揃っています。たとえば、Yチェアやアントチェアなどは、日本でもダイニングチェアとして取り入れる方も多くみられます。異なるデザインのチェアを1脚ずつ組み合わせても、個性的なダイニング空間が生まれるでしょう。

また、長い夜の心地よさを高めるために、照明器具にも多彩なデザインが揃っています。特にダイニングテーブルのペンダント照明は、日本でも人気が高く、パイン材を用いたヤコブソンランプやモダンなルイスポールセンなどが有名。デザインによっては、シンプルな空間のアクセントにもなるので、ダイニングテーブルやチェアを合わせて選ぶようにしたいものです。

その他、インテリアの雰囲気に大きく影響するのが、ファブリックを用いたカーテンやクッションなど。北欧のファブリックは、自然をモチーフとしたボタニカル柄やアニマル柄、シンプルな幾何学模様などが多く用いられます。フィンランドのマリメッコやスウェーデンのボラスといったメーカーだけでなく、最近では北欧テイストの多様なデザインが豊富にみられるようになりました。シンプルなソファに北欧のファブリックを用いたクッションを並べるだけでも部屋の印象はガラッと変わるものです。

スウェーデンハウス「アルム・ヒューブスタッド」/ ABCハウジング 明石・海岸通り住宅公園

雑貨や食器などでアクセントをつけて

最近では、北欧デザインのさまざまな雑貨もショップなどで見つけることができます。キッチンまわりでは、デザイン性と実用性を兼ね備えた調理器具やカトラリー、食器などがみられます。人気のあるダンスクの鍋やアラビアの食器などがキッチンに並んでいるだけでもアクセントに。見せる収納を意識すると楽しい空間となります。豊かな色合いのお皿やカップ、ランチョンマットなどでテーブルコーディネートすることで、食卓も明るくなるでしょう。

また、北欧の子供部屋のインテリアコーディネートも参考にしたいものです。遊び心あふれる壁紙やすっきりと使いやすい家具、色鮮やかなカーテンやラグマットなど、年齢や好みに合わせた空間づくりが多くみられます。シンプルな空間に、自然素材から生まれた置物やポスター、ファブリックパネルなどを飾るだけでも、手軽に北欧の雰囲気を楽しむこともできるでしょう。

スウェーデンハウス「アルム」/ ABCハウジング 八王子住宅公園

丁寧な暮らし、住まいを大切にする心も学びたい

北欧デザインに多くの方が魅力を感じるのは、そのデザイン性だけでなく、日々丁寧に暮らし、住まいを大切にしている点もあるように感じます。住まいのお手入れやメンテナンスは、出来る範囲で自分の手で行うことでわが家への愛着も増し、より豊かに家族との時間を過ごすことができるのでしょう。

同時に、愛着を持って長く使うことは、自然を大切にし、エコロジーな暮らし方にもつながります。自宅で過ごす時間が長くなってきているこの時期、家での暮らしを楽しむ北欧の国々から発信されるデザインを参考にわが家の新しいプランを描いてみてはいかがでしょうか。

スウェーデンハウス「ミューク」/ tvkハウジング プラザ横浜

 

この記事をシェアする

この記事と同じタグのおすすめ記事