2022.05.06
お気に入り

大和ハウス工業〜進化を止めない「プレハブ住宅」の生みの親【5分でわかるハウスメーカー】

大和ハウス工業は「プレハブ(工業化)住宅」の元祖。その住まいづくりのあり方は、快適性や安全・安心を追求するため、常に進化を続けています。この記事では、その住まいづくりについて「外張り断熱」、「最高3080mmの天井高」、「ダイワコネクト」の3点に絞りご紹介します。

 

プレハブ住宅の生みの親

大和ハウス工業は1959年、3時間で建つ勉強部屋「ミゼットハウス」を発売。これが同社戸建て住宅、他社を含めたプレハブ系住宅のルーツとなりました。プレハブは「工業化」を意味しますが、住宅不足だった当時は工場で部資材を生産し、それを現場で組み立てられる住宅は、人々に求められる先見性に富んだものでした。

その後、1962年に発売したパネル式プレハブ住宅「ダイワハウスA型」は、今の住宅ローンの元である住宅金融公庫融資対象住宅として最初に認定登録されました。これはいわば、金融や販売の仕方から、住宅取得のかたちを変え、多くの人たちが住宅を手にしやすくする出来事でした。

また、大規模都市(戸建て団地)「ネオポリス」の開発などで大手ハウスメーカーとしての地位を確固たるものにしました。以上のことから分かるのは、大和ハウス工業が住宅産業の成長の課程における節目ふしめで大きな役割を果たし続けてきたということです。

そして現在は、少子高齢化、働き方改革、情報社会の進展といった様々な社会課題が浮上していますが、大和ハウス工業はその対応策となる取り組みを続けています。

なお、大和ハウス工業は戸建て事業だけではなく、マンションや賃貸住宅、流通施設やホテル、エネルギーなど多角的な事業を展開しており、現在、我が国の建設業界で最も売上規模が大きな企業に成長しています。

 

外張り断熱

大和ハウス工業の戸建て住宅商品はほぼ「ジーヴォ(xevo)」シリーズの呼称に統一されており、鉄骨造(主力)と木造がありますが、いずれも「外張り断熱工法」が採用されています。

一般的な住宅では、柱と柱、筋交いなどの間を断熱材で埋めるのですが、これでは柱、筋交いの部分に断熱上のロスが発生してしまいます。外張り断熱は概略すると、外壁、通気層、柱などの構造体、内壁という構造になっていますから、断熱のロスが非常に少ないと言えるわけです。

これは環境保全の重要性とそれによる住宅の省エネ性向上の必要性が高まってきたこと、具体的には現在、国が普及を積極的に推進しているZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)などに対応するものであり、この点からも大和ハウス工業が時代の節目にしっかりと対応していることが見て取れます。

 

最高3080mmの天井高が可能

大和ハウス工業では近年、戸建て住宅の天井高を高め、住空間の質を高める取り組みをしています。

現状では、2720mm(一般的な住宅では2400mm)のほか、2800mm、3080mm(1階のみ)があります。このような天井高が高い空間にできることで、限られた床面積の住宅でも比較的ゆとりのある住空間とすることが可能ですし、横の広がりがある空間はさらに開放感を高めることができます。

ただ、いくらゆとりある空間でもそれを最大限に活用できる提案がなければ、快適な暮らしはできません。そこで、大和ハウス工業では様々な生活提案ソフトを用意し、住まい手がより快適な暮らしができるよう配慮しています。

例えば、直近ではコロナ禍にあたり自前で「新しい生活様式大調査」を実施。そこから見いだされた暮らしの問題点を解決する提案を開発しています。また、共働き世帯が増加傾向にある中、「家事シェアハウス」という提案も積極化しています。

 

IoTを身近にする「ダイワコネクト」

情報技術や人工知能(AI)を含むIoT(Internet Of Things)が今、様々な分野に導入され、その進化は日進月歩です。当然ながら住宅の世界でも同様で、今、様々なかたちで暮らしの中に導入されています。

そうした中、大和ハウス工業は、「Google Home」などを活用した技術と、それによる住まい方の提案を住宅業界では先駆けとなって行っているハウスメーカーです。Google Homeをただ家に置くだけではできることは非常に限られていますが、同社で行えるのは例えばLDK内の照明の操作やカーテンの開閉、テレビの家電のON・OFFなど、より生活に密着したものです。

もっとも、これらのこともまだまだ限定的で、これからできることが増えますし、Google Homeとは異なるインターフェイスが登場することになるでしょう。いずれにせよ、そうした未来のことも見据えた、住まいや暮らしにおいてIoTを身近に便利に利用できる最先端の研究開発を行っているのも、大和ハウス工業の姿の1つなのです。

大和ハウス工業の詳細ページへ

この記事をシェアする
積水ハウス〜日本で最も多く住宅を供給してきたリーディングカンパニー【5分でわかるハウスメーカー】
ヘーベルハウス(旭化成ホームズ)〜ロングライフな住宅を追求し続ける企業【5分でわかるハウスメーカー】

この記事と同じカテゴリの記事・用語解説