2022.06.13
お気に入り

電気自動車充電設備【用語解説】

ポイント

  • EV、PHEVへの充電が可能
  • 家庭用コンセントでの充電は非現実的
  • 新築戸建てではほぼ標準で設置されるようになってきた

解説

地球温暖化問題に対応するため、クルマの世界では今、電気自動車の普及が本格的に始まろうとしています。そうした変化は住宅分野にも影響しており、近年、導入が進められつつあるのが「電気自動車充電設備」です。まず、電気自動車には大きく2種類があります。

 

  • EV=クルマに搭載されている蓄電池の電気でモーターを回転させて走る。ガソリンを使用せずCO2を全く排出しない。
  • PHEV=プラグインハイブリッド車。蓄電池とガソリンタンクが搭載されており、電気とガソリンの両方を動力源とする。ガソリン車に比べCO2排出量が少ない。PHVとも称される

いずれもクルマと住宅の間で電気の充電・給電ができるのも特徴です。なお、ガソリンと電気を動力源とするクルマとしてハイブリッド車もありますが、この場合は住宅との電気のやりとりはできません。

 

さて、特にEVはエネルギー源が電気しかないため、使用するには充電する必要があります。そこで、住宅には専用のコンセントを設置する必要があります。EVの充電には200Vが必要で、一般家庭のそれは100V対応だからです。

 

正確に言うと、100Vのコンセントでも充電ができないわけではないのですが、一般的なEVへのフル充電にかかる時間は1日以上になるとされています。充電の際に大電流が必要になるため、家電製品を使っているとブレーカーが落ちてしまいます。

 

早い話、住宅に通常設置されているコンセントでEVの充電を行うのは現実的ではありません。そこで、必要となるのが専用の充電設備で、以下の2タイプがあります。

 

  • コンセント型=戸建て住宅向け
  • スタンド型=商業施設・レジャー施設・宿泊施設など向け

コンセント型を新築戸建てで設置する場合は、設置費用は数千円と安価ですが、ストック(既存・中古)住宅に設置する場合は、大がかりな工事が必要となる関係から設置費用が高額になるケースがあります。

 

ハウスメーカーでの新築では近年、ほぼ標準で設置され、地域の工務店・ビルダーでも特に問題なく設置されるようになってきました。ただ、分譲戸建て住宅の場合は新築でも設置されていないケースも散見されますので、EVに関心のある方は注意が必要です。

 

ただ、EVの本格的な普及にあたっては、戸建て住宅だけでなく、マンションなどの共同住宅、駐車場などへの充電器の設置が当たり前な状況になることが必要だと言われています。要はインフラが整っていないのです。

 

なお、EVと住宅の間で電気をやりとりできる仕組みとして、「Vehicle to Home(V2H、ビークルツーホーム)」があります。エネルギーの自給自足、災害への備えともなる点がメリット。ただ、この場合は充電器とは異なる機器が必要になります。

この記事をシェアする
住宅性能表示制度【用語解説】
スマートホーム【用語解説】

この記事と同じカテゴリの記事・用語解説