2022.06.10
お気に入り

コンクリートパネル工法【用語解説】

ポイント

  • 一般的なコンクリート系住宅に比べ高い品質が期待できる
  • 他の住宅工法に比べ意匠性が高い
  • 耐震性が非常に高い

解説

コンクリート系住宅(鉄筋コンクリート造の住宅)は、大きく2種類に分かれます。1つ目は現場でコンクリートを型枠に流し込む方法で建築されるもの。もう1つは、工場でコンクリートを型枠で流し込み「コンクリートパネル」を製造し、それを現場で組み立てることにより建築されるものです。

 

後者はプレハブ(工業化)住宅に位置づけられます。では、なぜそのような工法を採るのでしょうか。それは、コンクリートという素材が持つ特性、水の量(湿度も含む)や気温により品質が左右される素材であることが関係しています。

 

現場施工の場合、様々な気象条件にさらされるため、十分な強度を確保するのが難しいケースがあるのです。しっかりとした強度を得るために長い日数を要し、結果的に工期に悪影響を及ぼすこともあります。

 

一方、工場では建屋内という気象条件に左右されにくい環境でパネル製造が行われますから、現場施工に比べて安定した品質が確保でき、そしてそれは決められた工期での竣工につながるわけです。

 

さて、ここでコンクリート系住宅の魅力をご紹介しておきます。それは、意匠性(デザインの自由度)が非常に高いこと。というのも、型枠さえあれば自由なかたちを作ることができるからです。

 

最も分かりやすいのが曲線のある外観形成。一般的な住宅のそれは四角で構成されますが、コンクリート系住宅なら、極端な話ですが円形や楕円のそれを実現しやすいのです。これを木造や鉄骨造で実現しようとすると、かなり難しいのが実情です。

 

曲線だけでなく、鋭角も同様です。外壁の一部にそれらを採り入れるだけで、個性的な外観の住まいになります。この他、例えばコンクリート打ちっ放し外壁にすると重厚感のある外壁を持つ住宅になります。

 

以上のような特徴から、医院や商業施設、さらにはそれらを併設した住宅などの建築事例が多くなっています。つまり、コンクリート系住宅はデザイン性にこだわりのある人にとても適した住まいと言えるわけです。

 

もう一つ大きな特徴は、住宅工法の中で耐震性が最も高いということ。コンクリート住宅の構造は、木造のツーバイフォー(枠組壁工法)住宅のそれと基本は同じ、壁、天井、床の六面体の各面で支えるため、柱などの線と接合点で支える構造よりも揺れに耐える力が強くなります。

 

そもそも、コンクリート系はコンクリートの堅さと、鉄骨の粘り強さを併せ持ちます。それに加えて、ツーバイフォーのような頑強な構造があることで、地震の揺れの力に耐えるというわけです。平屋や2階建てなどの低層住宅なら、この工法はオーバースペックかもしれません。

 

難点は建築コスト。他の工法に比べて割高で、工期も長くなる傾向にあります。加えて、大型の重機などを用いる必要がありますので、接道状況が良くない場所、狭小地などでは建築が難しいケースがあります。

この記事をシェアする
鉄骨ユニット工法【用語解説】
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス / ゼッチ)【用語解説】

この記事と同じカテゴリの記事・用語解説