2022.06.10
お気に入り

鉄骨ユニット工法【用語解説】

ポイント

  • 工場での生産率が高く、それゆえ品質が高い
  • 施工期間が短い
  • 高い耐震性能がある

解説

鉄骨ユニット工法は、工業化(プレハブ)住宅を供給する鉄骨系ハウスメーカーの一部で採用されている住宅工法です。プレハブ住宅は工場で柱や梁などの構造部材などを生産するためそれぞれの製造精度が高く、そのため「高品質な住まい」を供給できるのが特徴です。

 

鉄骨ユニット工法は、プレハブ住宅の中でも特に工場生産化率(製造、作業を行われる割合)が高く、そのため特に高い品質を期待できると言われています。その理由を理解するためには工法の仕組みについて理解する必要があります。

 

鉄骨ユニット工法の「ユニット」は六面体に構成された鉄骨材です。工場でユニットそのものだけでなく、外壁やドア・窓、床、天井、キッチンなどの各種設備の設置、配線・配管がユニットに施されます。

 

一般的な大きさの戸建て住宅を構成するユニットは十数個。これがトラックで施行現場に運ばれ、クレーンで積み木のように組み上げられるのが鉄骨ユニット造の建て方となっています。

 

一般的な住宅の施工現場では、職人が上を向いて作業するなど無理な体勢になるケースがあり、それは施工不良の原因となります。ユニット工法は設備が整った工場で多くの作業が行われるため、職人は少ないストレスで作業できるため、品質が安定しやすいのです。

 

この他の特徴として、「施工期間が短い」、「耐震性が高い」などといったことがあげられます。施工期間については、建て方(構造体を組み上げること)が1日ですみ、これにより建物が雨などの影響を受けづらくなります。

 

着工から引き渡しまでは1ヵ月程度。同規模の住宅を建築する場合、3ヵ月を超えるケースもよくありますので、引き渡し時期の厳守を含め、この工期の短さは魅力と言って良いでしょう。

 

耐震性の高さについては、工場で鉄骨が溶接されることに加えて、ユニットの六面体がビルなどで採用され強度面の高さに定評がある「ラーメン構造」であることが理由となっています。

 

一方で、デメリットは敷地対応力に若干の難があること。ユニットの大きさにはバリエーションがありますが、数センチ単位の対応力は期待できません。また、ユニットをクレーンでつり上げる必要がありますから、過度に住宅が密集したエリアでは建てられません。

 

ですので、鉄骨ユニット工法による住宅は郊外型に適したものと言えます。しかし、耐震性の高さなどを評価された結果、都市部における3階建て住宅の事例もよく見られます。ちなみに、階数は3階建てまでです。

 

最後に、鉄骨ユニット工法の住宅を供給するハウスメーカーについてですが、セキスイハイム(積水化学工業住宅カンパニー)、トヨタホームのみです。ミサワホームも「ハイブリッド住宅」として供給していましたが、現在ではホームページで紹介されていません。

この記事をシェアする
木質パネル工法(及び関連する工法)【用語解説】
コンクリートパネル工法【用語解説】

この記事と同じカテゴリの記事・用語解説