2022.06.16
お気に入り

シュークローゼット?ウォークインシューズクローク?玄関収納のつくり方

日々、家族が使用し、お客様も迎える玄関は住まいのイメージを決める重要な場所。いつもすっきりと使い勝手のよい空間としたいものです。居心地のよい玄関とするためには、空間のつくりやインテリアも重要ですが、収納計画も大きく関わります。

 

通常、玄関まわりには、主に靴を収納するスペースを確保することになります。いわゆる靴箱・下駄箱(シューズボックス)がお馴染みですが、最近では、外出時に必要なアイテムも収納することができるシューズクロークやシューズインクローゼットなども注目されています。

 

玄関収納の考え方

どのような玄関収納が適しているのか、考え方の基本は、まず、わが家の場合、玄関をどう使いたいのか、玄関に何を収納したいのか、明確にしておくこと。もちろん、玄関にどの程度のスペースを確保できるのかも重要なポイントです。

 

ライフスタイルや家族構成によって異なりますが、靴以外にも玄関付近に収納しておきたいのは多種多様にあるものです。たとえば、傘やコート、買い物用のカートやベビーカー、ペット用品やスポーツ用品、非常持ち出し袋なども考えられるでしょう。わが家の場合は何が必要かじっくりと検討を。家族構成、年齢、日々の暮らし方に適した収納スペースをプランニングすることが大切です。

 

収納したいものをリストアップする

ライフスタイルを考える中で収納したいものが明確になってきたら、まず、主な収納物となる靴の数やサイズを書き出してみましょう。チェックする際に注意したいのは、ブーツや雨靴、トレッキングシューズなど、大きめのアイテム。持っている数に合わせてゆとりを持たせたスペースを確保することが大切です。

 

また、将来的に家族が増えたり、成長すれば、靴の数も増え、サイズも大きくなります。現在の数や大きさだけでなく将来的な変化も予測して、収納スペースを検討することもポイントでしょう。

 

壁面利用を利用するプランと専用スペースを確保するプラン

玄関まわりの収納プランは、大きく二つに分けて考えることができます。

 

・壁面を利用する

・ウォークインとして専用スペースを確保する

 

壁面を利用する

玄関まわりの壁面を利用した収納プランには、棚を設けるだけのオープンなタイプとキャビネットを設置するクローズタイプがあります。オープンタイプのメリットは、ひと目で収納されているものが分かりやすく、出し入れしやすいこと。ただし収納方法によっては雑然としてしまうのが難点でしょう。扉付きのキャビネットを設ける場合は、扉の選択によっては、すっきりとした空間が実現しますが、何がどこに収納されているのかが分かりにくいというデメリットがあります。

 

壁面収納は、造作でプランニングするケースもありますが、建材などのメーカー商品を設置するプランも多いでしょう。メーカー商品には、従来からみられる靴箱や下駄箱(シューズボックス)のようなタイプも多く提案されています。限られた空間でも設置可能なコンパクトなタイプから、スペースに合わせて自由に組み合わせることができるシステム収納のようなタイプまで多様な商品が揃っています。

 

壁面を利用するプランで多くみられるのは、高めのキャビネットを壁面いっぱいに並べたり、キャビネットをコの字やロの字型組み合わせ中間部分にカウンターや飾り棚などを設けたプラン。収納力と玄関スペースの演出も可能なプランが人気のようです。

 

壁面収納タイプのプランニングの注意点は、限られた空間である場合も多い為、圧迫感を感じないようなつくりとすること。素材や扉の色など、インテリアとのコーディネートに配慮して、平面だけでなく立体的にイメージして検討することが大切です。

 

専用スペースを確保する

収納専用の納戸のような空間を確保する場合、玄関の三和土の土間部分を広げるプランや隣接させて配置させるプランなどが考えられます。分譲マンションのプランにも玄関脇にSC(シューズクローク)やSIC(シューズインクローゼット)と表記され、スペースを設けている例もみられます。靴収納専用のスペースができる空間があることで、玄関をすっきりと保つことができるのがメリットでしょう。

 

多様なプランが考えられますが、入室して出し入れできるウォークインのタイプ、廊下や居室に直接行くことができるウォークスルータイプも。靴を履いたままで使用可能な土足使用のプランであれば、靴はもちろん、買い物カートや三輪車、ゴルフ道具などをしまうことも可能です。雨に濡れたコートなどを収納しておくこともできるのもメリットです。

 

これらのウォークインタイプの収納の場合は、ある程度のスペースがないと難しいこと、ウォークスルーではない土間プランの場合、収納したものは靴を履かないと出し入れできないことなど、その使い勝手には注意が必要です。

 

プランニングの注意点

玄関まわり全体で検討する

玄関収納に限ったことではありませんが、プランニングの際には、住まい全体や周囲の収納計画と同時に検討することが基本です。シューズクロークやシューズインクローゼットなどに魅力を感じる方も多くみられますが、間取りや収納する物に適していないと、使い勝手は悪くなるケースもあります。

 

たとえば、玄関ホール周辺の廊下や階段下に収納スペースが確保できる場合は、玄関には靴収納だけをプランニングすればいいかもしれません。玄関という空間だけで考えるのではなく、住まい全体をトータルで検討することが重要です。

 

建材メーカーの商品も充実

建材メーカーからも多様な玄関収納商品が提案されています。内装材とトータルコーディネートが可能な商品もみられます。素材やデザインはもちろん、収納する物に合わせた棚板や引き出しなどのパーツも充実しています。間取りや予算に合わせて組み合わせることが可能です。

 

ショールーム、モデルハウス、実例を参考に

玄関まわりの収納プランは、多様なプランが考えられるので、モデルハウスでその空間づくりを参考にしてみるといいでしょう。ウォークインプランの場合は、そのボリューム感や動線などをチェック。キャビネットやパーツの取り入れ方なども確認するようにしましょう。個々の商品については、建材メーカーのショールームで、色や素材感、扉の開閉のしやすさなど細かな点を確認することがポイントです。

この記事をシェアする
「天袋」「地袋」など和室の収納の考え方【用語解説】
一戸建ての収納計画の考え方

この記事と同じカテゴリの記事・用語解説