2022.06.16
お気に入り

「天袋」「地袋」など和室の収納の考え方【用語解説】

新しい住まいに、本格的な和室をプランニングするケースは少ないかもしれません。しかし、畳や障子など、和の要素を取り入れた空間づくりは根強い人気があり、和モダン空間、畳コーナーといった間取りも多くみられます。空間の使い方にもよりますが、これらのスペースにも適した収納は確保しておきたいもの。プランニングの前に知っておきたい、和空間の収納計画の基本をみていきましょう。

 

和室の収納の基本

和室の収納といってお馴染みなのは、「押入れ」でしょう。「押入れ」の上や天井から吊り下げる形の収納スペースが「天袋」。また、窓下や床脇の下部などに設置される収納が「地袋」と呼ばれるスペースです。

 

他に、壁面にクローゼットのような収納スペースを設けるケースもありますし、畳の下部スペースを利用して床下収納とするプランもみられます。

 

いずれにしても、和室の使用方法に合わせて計画すること。いずれも、湿気がこもらないような対策を施しておくことも大切です。

 

 

押し入れ・天袋

押し入れとは、寝具や衣類の収納を目的にプランニングされた収納スペースのこと。奥行きがあり、中板を設けて上下二段に仕切られているケースが多くみられます。多くは引き違いの襖で開閉します。比較的大きなものを収納するには適していますが、細かなものは上手に収納しないと、出しにくく探しにくくなってしまうのがデメリットです。

 

天袋は、高い位置にあるため出し入れしにくいのが難点。季節のものや思い出グッズなどの収納として活用するのがおすすめです。重量のあるものよりは軽量のものを収納する方がいいでしょう。エアコンを設置する場所として利用するケースも増えています。また、低い位置にある地袋は、取り出しやすい場所なので、重量のあるものの収納に。空間に合わせて、床の間で使用する季節の飾り物などを収納してもいいでしょう。

 

壁面を上手に利用する

奥行きのある押入れとせずに、洋間で用いられることの多い壁面収納とするプランも考えられます。和室を寝室として利用するのであれば、衣類を収納するクローゼットとするといいでしょう。ハンガーパイプやラックなどを設ければ使い勝手も高まります。

 

ポイントは扉のつくり方。押入れのように引き違いの建具を用いてもいいですし、木製の建具を用いたり、折れ戸などを用いてもいいいでしょう。引き違いでも襖に限らず、インテリアに合わせた板戸やクロス張の扉、鎧戸のようなタイプも適しています。建材メーカーからも和空間に適したプランが可能なタイプ、素材や色合いを揃えた商品もみられるので、取り合わせてもいいでしょう。

 

畳の下を利用する

デッドスペースを生かす収納方法として床下収納があります。キッチンや洗面室などに取り入れるケースも多くみらますが、建材メーカーの商品には畳の下空間を生かすことが可能なタイプも揃っています。

 

畳の下に収納ユニットを設置し、空間を確保するもので、畳が蓋となり開閉。手動だけでなく電動で開閉操作ができるタイプもみられます。比較的大きなスペースを確保できるので、季節外や客用の布団などの収納に適しています。

 

小上がりスペースや箱畳でも

畳を敷いた小上がりスペースも注目のプランのひとつです。小上がりの場合、高さ(段差)のある床面下部分を収納とすることも可能です。畳を上げて出し入れするだけでなく、空間に合わせ段差部分から引き出すことができるようなプランも考えられます。

 

その他、収納も可能な箱畳のような建材商品もみられます。上部に畳を用いた箱(ボックスユニット)は、箱内部が収納スペースとなっています。これらのユニットを組み合わせることで小上がり空間のようになったり、ベンチとして利用することも可能です。大きなものは収納できませんが、その場で使用する細かなものは収納可能なので、なにかと重宝するでしょう。

この記事をシェアする
注文住宅の郵便ポストはどこにつける?注意点も解説
シュークローゼット?ウォークインシューズクローク?玄関収納のつくり方

この記事と同じカテゴリの記事・用語解説