2022.06.16
お気に入り

床下、小屋裏、階段下etc.デッドスペースを上手に利用

新しい住まいをプランニングする際には、出来る限りたくさんの収納が欲しい、と望む方も多いでしょう。しかし、限られたスペースの中で、充実した収納を確保するのが難しい場合もあるものです。少しでも収納スペースを確保するためには、デットスペースを活用するのもひとつの方法です。

 

上手に活用したいデッドスペース

デッドスペースとは、設計を進める中で生まれてしまう利用するのが難しい空間、生かされない、もしくはあまり使用しない空間のこと。

 

一般的な住宅では、下記のようなスペースが挙げられるでしょう。
 

  • 床下や階段下
  • 壁の厚み部分
  • 小屋裏

これらのスペースは、上手にプランニングすることで、収納量の確保だけでなく、日々の使い勝手を高める場合もあるものです。収納する物や使い方に合わせて、有効活用できるような配置や空間のつくりとすることがポイントです。

 

床下を利用する

デッドスペースを利用した収納スペースとしてお馴染みなのは、床下収納ではないでしょうか。キッチンや洗面室、クロゼットなどに設け、食品や日用品などを収納しているケースも多くみられます。

 

造作で床下に収納スペースを確保することも可能ですが、収納ボックス(収納庫)などを床下に埋め込み、床材と同様の蓋を設け開閉するメーカー商品を用いるのが一般的でしょう。建材メーカーからはサイズや性能など多様な商品が提案され、収納ボックスを連結できるタイプや和室の畳下用、2階に設置できる深さの浅いタイプなどもみられます。

 

使い方として、低くかがんで収納しなければならないのが難点ですが、設置する場所で使用するストック品などの収納スペースとして利用することができるでしょう。蓋の開け閉めがしやすく、安全に出し入れできるように、周囲にある程度のスペースを確保するなど、設置場所は十分に検討することが大切です。

 

また、小上がりの床下(段差部分)を収納空間とするプランも考えられます。小上がりとは、床面を少し上げ、他の床と段差を付けたスペースのことで、最近では、リビングなどの一角に設け、茶の間のようなくつろぎの場としたり子供の遊び場とするケースも。床材に畳を用いてよりリラックスできるスペースとするプランもみられます。

小上がりの床下を収納とする場合は、畳や分割した床材を上蓋として出し入れするプランとしたり、段差部分に引き出しを設けるプランなどが考えられます。小上がりの構成や収納する物、出し入れの頻度などに適したつくり方とすることがポイントです。

 

階段下やスキップフロアの中層階


階段下も上手に活用したい空間です。たとえば、玄関や廊下周辺にある階段であれば、掃除道具や買物カートなどを収納してもいいでしょう。リビング・ダイニングに設けた階段の下であれば、日用品のストックやパントリーとしても活用できます。空間内部の広さによって棚を設けたり照明を設置しても。収納する物によっては、階段の形状に合わせて引き出すことができるキャスター付きのラックを造作してもいいでしょう。

 

その他、室内側からの利用だけでなく、建物の外側から出し入れできるようなプランも考えられます。外から開閉できる扉を設け、ガーデニング用品やアウトドア用品などの収納スペースとするのも使い勝手がいいものです。

 

また、スキップフロアの間取りの場合、プランニングにもよりますが、フロアのつくり方や天井高などに工夫して、各フロアの中間層に収納スペースを設けるプランもみられます。専門的な知識が必要なので、希望する場合は、設計担当者に早めに相談するようにしましょう。

 

壁の厚みを活用する


大きな収納スペースとはなりませんが、壁の厚みを利用する方法もあります。たとえば階段の手すり壁や廊下の間仕切壁を利用して、書籍やCDなどを並べるスペースを確保するプランは多くみられます。また、玄関ホールの壁面を凹ませ飾り棚のような収納(ニッチ)としたり、スリッパを収納するスペースとしてもいいでしょう。収納スペースを確保しにくい水まわりにも壁厚収納は適しています。洗面室では、洗面台近くに設けて化粧品などを並べたり、トイレ空間ではトイレットペーパーを収納するプランも考えられます。

 

その他、収納とは少し異なりますが、壁の厚み分を凹ませたスペースに、ドアホンや給湯器のリモコンなどのコントロール機器を設置することで、壁から出っ張らずに、すっきりと納めることが可能です。

 

壁厚を利用した収納は、収納する物によっては雑然としてしまう場合もあるので、すっきりと納まるように検討することが大切です。設置する場所や収納する物によっては、扉を付けることも考えられるでしょう。壁の厚みを利用する場合は、建物の構造やプランニングにも関わるので、早めに設計担当者に相談することが重要です。

 

小屋裏空間やロフト


小屋裏やロフトなども、限られたスペースを有効利用する方法として代表的なプラン。吹き抜けのリビングにロフトを設けた空間づくりも多くみられます。比較的、広いスペースを確保することも可能なので、季節の物や思い出の物などを収納するには、便利なスペースでしょう。いずれも希望する際には、設計に大きく関わるので早めに検討することが大切です。

 

注意したいのは、行き来しやすく、出し入れしやすい場所にプランニングすること。使い勝手が悪いと、一度収納したらそのまま、不要な物の置き場となってしまう場合もあるものです。また、昇り降りの際の安全性を確保することも大切です。小屋裏では収納式の梯子、ロフトでは引っ掛けて使用する梯子などを用いるケースもみられますが、梯子を設置する場所や形状には注意が必要です。収納式の梯子は、引き下ろすスペースにゆとりがあるか、収納物を持って昇降できるか、家族構成に合わせてプランニングするようにしましょう。

 

プランニングや構造などによりますが、いくつかのデットスペースは生まれるものです。しかし、デッドスペースがあるからと、やみくもに収納スペースとすればいいというものではありません。その空間を利用して何を収納したいのか、どう使いたいのか、費用を含めじっくり検討することが大切です。収納したい物の量やサイズをリストアップしておくこともポイントでしょう。

 

デッドスペースを含めて、さまざまな収納方法があることを理解した上で、家全体の収納計画と同時にトータルに検討すること。間取りや構造はもちろん、ライフスタイルや家族構成に合わせた収納プランとすることが重要です。

この記事をシェアする
ファミリークローゼットとは?後悔しないつくり方と実例
外構を予算内で満足度の高いものにするために我が家がした3つのこと

この記事と同じカテゴリの記事・用語解説