2022.06.16
お気に入り

ファミリークローゼットとは?後悔しないつくり方と実例

新しい住まいの間取りプランを検討する際、多くの方が頭を悩ますのが収納でしょう。収納の考え方はさまざまですが、最近、注目されている収納プランのひとつに、ファミリークローゼットが挙げられます。ここではファミリークローゼットのプランニングのポイントや注意点をみていきましょう。

 

ファミリークローゼットとは?

ファミリークローゼットとは、家族全員の衣類を収納するスペースのこと。夫婦の寝室や子供部屋などそれぞれのプライベート空間にクローゼットを設けるのではなく、家族全員の衣類をまとめてひとつの空間に収納するというものです。空間内部は、衣類が収納しやすいようにバーやラックなどを設置したつくりが多くみられます。

 

ファミリークローゼットは、住まい全体の間取りはもちろん、家族構成や年齢、ライフスタイルによって、さまざまなプランが考えられます。ある程度のスペースが必要となるので、ウォークインタイプのプランが多くみられますが、プライベートスペースの廊下などの壁面を利用するケースもあります。

 

最近では、主寝室と洗面脱衣室の間に設けたり、主寝室と子供部屋の間に配置するなど、通り抜けられるように配するプラン(ウォークスルー)もみられるようになりました。洗面脱衣室につながるプランであれば、着替えや片付けがしやすいこと、子供が幼い場合は子供部屋とつながることで衣類の管理や着替えがさせやすいでしょう。いずれも廊下を兼ねるようなつくりとなるため、スペースを有効利用できるのも特徴です。

 

また、衣類収納だけでなく、バックや帽子、スーツケースや季節用品などもしまえる納戸のようなプラン、アイロンかけや繕い物などもできる家事室を兼ねたようなプランも考えられます。

 

 

ファミリークローゼットのメリッデメリット

ファミリークローゼットのプランや収納する物、収納方法によっても異なりますが、家族の衣類をまとめて収納するスペースがあることでのメリットやデメリットは以下の通りです。

 

■メリット

・家族全員の衣類全体を把握できる

・ひとつの空間なので、お手入れや片付けなどの作業がしやすい

・幼い子供がいる場合には、その場で着替えをさせやすい

・衣替えが不要なプランであれば、季節ごとの負担も軽減する

 

■デメリット

・ある程度のスペースが必要

・子供の成長後、プライバシーの確保が難しい場合も

 

ファミリークローゼットのプランニングのコツ

ファミリークローゼットはもちろん、収納プランを検討する際には以下のポイントを確認しておきましょう。

 

■使い方、優先順位を明らかに

衣類だけの収納か、鞄やバック、スポーツグッズなども収納するか、空間内で家事も行うか、どのような家事作業をするか、など、スペース内に何を収納し、どう使うかをイメージすること。その上で、それらの優先順位を明確にしておきましょう。

 

■収納する物、量をリストアップ。将来の変化もイメージして

収納計画を進める際に重要なのは、収納する物とその量をリストアップすること。具体的なアイテム、それらの量など、どの程度のスペースが必要か検討するようにしましょう。また、家族構成やライフスタイルが変化すれば、収納する物も変わってくるもの。将来的な収納方法もあらかじめ検討しておくことも大切です。

 

■収納する物に合わせたつくり

クローゼットに限らず、収納プランの基本は、収納する物が確認しやすく、出し入れしやすいこと。収納する物に合わせ、棚やハンガーパイプなどを造作したり、既製の収納パーツを利用して空間を有効活用することがポイントです。建材メーカーからもさまざまなアイテムが提案されていますし、手持ちのタンスやチェストを組み合わせてもいいでしょう。

 

■作業に適するスペースを

収納だけでなく、繕い物やアイロンを掛けるなどの家事も行う場合は、作業ができるカウンターなども設けておきたいもの。作業をするためのコンセントや照明の設置も忘れずに。収納した物を探したり、快適な作業を行うために、照明は暗がりができない位置に設置するようにしましょう。

 

■換気や通風にも配慮したい

一般的にクローゼット内は、湿気やニオイなども気になるものです。空間のつくりに合わせて換気扇や窓、通気性のある扉や開閉しやすい引戸などを採り入れ、空気が入れ替わるような工夫を施したいものです。また、内壁材に調湿機能を持つ素材を選ぶのもひとつの方法でしょう。

 

 

どこに配置するかで使い勝手が変わる

ファミリークローゼットの使い勝手を左右するのは、住まいのどこに配置するのか、ということ。家族みんなが使いやすく、家事作業もしやすい場所を検討することが基本です。

 

多くみられるのは、主寝室や子供部屋などのプライベートスペース近くに設けるプラン。どの部屋からも行き来しやすいような配置や扉の位置を十分に検討することが大切です。場合によってはそれぞれの部屋につながるウォークスルーのプランもいいでしょう。

 

また、玄関やリビングの近くに設けるプランも考えられます。玄関近くであれば、外出時や帰宅時にコートなどをすぐに収納できますし、子供の幼稚園バックや帽子などを収納しても便利です。リビング近くでは、日常の衣類、幼いお子さんがいるのであればおもちゃを収納するスペースとしてもいいでしょう。

 

プランニングの際には、日々の家族の動き方をイメージして、間取りに動線を書き込みながらがら、住まいのどこに設置すると使い勝手がいいのかを検討することが大切です。

 

全体の収納プランと同時に。将来の変化も考慮

ファミリークローゼットだけでなく、収納計画は、家族構成やライフスタイルなどによって、さまざまなプランが考えられるものです。注目されているファミリークロゼットですが、使い勝手の良し悪しは家族によって異なります。憧れで設けてもライフスタイルに合っていなければ、せっかくの空間を生かすことができず、ただの物置になってしまうこともあるかもしれません。

 

家づくりの際には、住まい全体の収納プランと同時にプランニングすること。各居室の収納を検討しながら、本当にファミリークローゼットが必要か、家族それぞれのクロゼットがいいのか、もしくは両方設けるのか、さまざまな角度から検討することが大切です。

この記事をシェアする
あると便利な外部収納(アウトドア収納)【用語解説】
床下、小屋裏、階段下etc.デッドスペースを上手に利用

この記事と同じカテゴリの記事・用語解説