2022.06.16
お気に入り

あると便利な外部収納(アウトドア収納)【用語解説】

新しい住まいの収納プランを検討する際に、忘れがちなのが屋外で使う物の収納スペースではないでしょうか。

 

庭の掃除道具やガーデニンググッズ、DIYやメンテナンス用品、車用品など、収納場所を決めておきたい細かな物やアイテムは意外と多くあるものです。庭に余裕があるのであれば、屋外物置を設置したり、カーポートや門まわりに収納スペースを設ける方法も考えられます。屋外物置は、多様な製品が揃っているので、スペースや予算に合わせて選ぶことができるでしょう。

 

屋外空間に余裕がないのであれば、建物本体に外部から出し入れできる、屋外用品専用の収納スペースを設ける方法も考えられます。建物の構造や性能、水仕舞いなども関わるので、間取りを検討する初期の段階からの考慮することがポイントでしょう。また、何を収納するかによって設置する位置にも注意が必要です。たとえば、車の予備タイヤなどを収納するのであればカーポートとの行き来のしやすさ、庭仕事で利用するのであれば庭と動線に配慮したいものです。

 

その他、サービスヤードに収納スペースを確保する方法もあります。サービスヤードとは、勝手口やキッチン周辺に設けられる屋外空間のこと。洗濯や物干場、ゴミの一時置き場などの裏方スペースです。屋根を設けたプランとすれば、作業を行うことも可能。棚やキャビネットなどの収納スペースを確保しておくことで使い勝手も高まるでしょう。

この記事をシェアする
ウォークインクローゼットとウォークスルークーロゼットはどう違う?【用語解説】
ファミリークローゼットとは?後悔しないつくり方と実例

この記事と同じカテゴリの記事・用語解説