2022.06.16
お気に入り

ウォークインクローゼットとウォークスルークーロゼットはどう違う?【用語解説】

ウォークインクローゼットとは、主に衣類を整理し収納する空間のことで、人が作業できるスペースを確保した部屋のようなプランのこと。主寝室や子供部屋などに隣接して設けられるケースが多くみられます。

 

ウォークスルークローゼットは、出入口が二方向にあるウォークインクローゼットのことで、通り抜けることができるのが特徴です。主寝室と洗面室の間に設けたり、主寝室と子供部屋の間に設けるプランなどが多いでしょう。

 

いずれも、衣類だけでなく、バックやスーツケース、ネクタイやスカーフなどもまとめて収納できること、雑然としがちな物を集中的に収納できること、空間に入り作業ができることがメリット。ただし、作業スペースを確保しなければならないので、プランニングによっては壁面収納よりも収納量が減るケースもあるので注意が必要です。

 

クローゼットの空間内部は、造作でオリジナルの棚やハンガーパイプを設置したり、市販のパーツを組み合わせるなどして、収納する物が確認しやすく、出し入れしやすいようにすることが基本です。手持ちのタンスやチェストを利用してもいいでしょう。

 

その他、スペース全体が明るくなるような照明プラン、湿気がこもらないように換気にも配慮を。調湿機能を持つ内装材などを選んだり、通気性のある出入口扉を設ける方法もあります。クローゼット内で着替えたり、身だしなみを整えるのであれば、鏡を設置しておくと重宝します。

この記事をシェアする
床暖房は本当に必要?床暖房なしの新築で冬を過ごしてみた体験談
あると便利な外部収納(アウトドア収納)【用語解説】

この記事と同じカテゴリの記事・用語解説