2022.06.22
お気に入り

ハウスメーカーの選び方は?迷ったときの考え方

予算にあった満足できる家づくりには、ハウスメーカー選びが重要です。

 

「カタログを取り寄せたけれど、どういった視点で絞り込めばいいのかわからない」「話を聞きに行ったけれど、疲れてしまった……」

 

多くのハウスメーカーからわが家に合う会社に出会うには、情報の海を上手に泳ぐことが大切です。ここでは、ハウスメーカーを最終決定する際にも役に立つ、選ぶ際にチェックしたいポイントをお伝えします。

 

家づくりで大切にしたいことを家族で確認しましょう

初めに知ってもらいたいことは、ハウスメーカー選びは家族の数だけ正解があるということ。このメーカーが正解であのメーカーは間違っている、ということはありません。家族が大切にしたい価値観と合う会社を選ぶことが、何よりも大切です。
 

全てのハウスメーカーは商品開発に努め、メーカーが考える最高の住宅を提案しています。そのため、なんとなく住宅展示場に行ってしまうとどれも良く見えてしまいます。
 

家づくりで大切にしたいこと、ここだけは譲れないことを、家族でしっかり話し合いましょう。代表的なものでは、建物価格、住宅性能、耐震性、断熱性・気密性、省エネ性、構造・工法、間取り、デザイン、などがあります。

ハウスメーカーに話を聞きに行く前に、大切にしたいことは何かを家族で話し合い、自分が大切にしたいこと、こだわらなくていいことを知ることが大切です。

 

ハウスメーカーを決めるポイント

ハウスメーカーによって、特徴や強みは異なります。ポイントを絞ってお伝えします。

 

 

坪単価や建物価格

ある程度の住宅予算が推測できる目安が、ハウスメーカーの坪単価といわれています。

ただし、坪単価はあくまで目安で過信は禁物。ただ、ハウスメーカーごとにローコスト、ミドル、ハイグレードの会社があるため、メーカーを大まかに絞る目安にはなります。
 

ハウスメーカーをある程度絞り込めたら、標準仕様の範囲を確認しましょう。坪単価が安いと聞いていたのに、満足できる仕様にするためにはオプション費用が多くかかってしまい、結局予算オーバーになってしまった、では困りますよね。
 

標準仕様が充実していて、オプションをつけたりグレードを上げなくても満足できるメーカーだと費用を把握しやすいです。また、数社から見積をもらう時は、比較しやすいように、できるだけ近い仕様になるようオプションなどもつけた状態で見積してもらいましょう。

 

住宅の性能

住宅性能表示制度、長期優良住宅、断熱性・機密性(Q値、C値、QA値)、耐震性(耐震等級1~3)など。

どこまで希望するか、それが標準仕様に含まれているのか、オプションであれば金額を確認しましょう。

 

構造・工法

ハウスメーカーによって構造・工法が違います。

 

  • 木造:木造軸組工法(在来工法)、ツーバイフォー工法、ユニット工法
  • 鉄骨造:軽量鉄骨造、重量鉄骨造、ユニット工法
  • 鉄筋コンクリート造

将来、増改築や大がかりなリフォームが決まっている人は、木造軸組工法が向いています。安定した施工品質を求める人ならツーバイフォー工法かユニット工法を、間取りの自由度を求める人なら鉄筋コンクリート造を選ぶと良いでしょう。

 

デザイン


ハウスメーカーごと、さらにシリーズによってもデザインが異なります。住宅のデザインを重要視するかしないか、テイストがしっくりくるかどうかは個人の好みによるところが大きいですが、ご夫婦で好みの大きな相違がないかを確認しましょう。

デザインには特にこだわらないんだけど……という人は、それがこだわりだと思ってください。

 

アフターサービス

ハウスメーカーの保証期間とアフターサービス制度(定期点検)についても、しっかりと内容を確認しましょう。どの部分が何年保証なのか、点検の範囲、有料か無料かによって将来のコストが変わります。

 

営業担当者は顧客目線かどうか?

ハウスメーカーの営業担当者は、お客さまの相談窓口になる担当者です。ハウスメーカーによっては、お客さまの要望を設計担当者に伝える役割をすることもあります。顧客目線の営業担当者か、仕事をしっかりしてくれるかは重要です。
 

まだ迷っているのに契約を迫る、お客さんの要望を全て聞くけれどそれ以上の提案はしない、自社のアピールばかり、依頼したことを忘れる。そんな営業担当者とは、信頼できるパートナーとして一緒に家づくりをすることは難しいかもしれません。
 

知識豊富、すぐに対応してくれる、デメリットもきちんと説明する、要望を上回る提案をする、そんな担当者なら信頼ができますね。

営業担当者だけでハウスメーカーの良し悪しは決められません。ただ、契約したハウスメーカーの対応に疑問を感じるなら、担当者を変えてもらった方がいいでしょう。

 

ハウスメーカーの選び方まとめ

これだけは叶えたいこと、譲れないポイント、大切にしたい価値観を家族で共有しましょう。どのハウスメーカーも自社の弱みをみずから教えてくれることはありませんので、積極的にリサーチして質問するようにしてください。
 

希望のハウスメーカーを絞り込むまでは、住宅展示場には少し行きづらいですよね。家づくりの検討が初期段階の人には、PCやスマートフォンで気軽にモデルハウスが見られるVRモデルハウスも便利です。

 

inTOWNでVRモデルハウスを探す

この記事をシェアする
知っておきたい外観デザインのポイント
床暖房は本当に必要?床暖房なしの新築で冬を過ごしてみた体験談

この記事と同じカテゴリの記事・用語解説