2022.06.21
お気に入り

完成見学会の訪問マナーとオーナー宅見学会おすすめ質問例

多くの住宅メーカーでは、完成したばかりの住まいが見られる「完成見学会」や、住み始めた実際の住まいが見られる「オーナー宅見学会」が開催されています。

 

ここでは、完成見学会やオーナー宅見学会に参加する際の訪問マナーと、おすすめの質問例をご紹介します。モデルハウス見学と併せて、気になる住宅メーカーの見学会に参加されることをおすすめします。

 

完成見学会とオーナー宅見学会とは?

完成見学会は、住宅メーカーがお施主様に引き渡しする前に開催するものです。

それに対してオーナー宅見学会は、住宅メーカーで建てて実際に生活しているお客さんの住まいを見学させてもらえるものです。オーナーご家族に、住まいづくりでこだわった点や住み心地について、直接話を聞くこともできます。
 

完成見学会に参加するメリット

完成見学会は、住宅メーカー主催で開催されます。メリットが多いので、募集があればぜひ参加をおすすめします。
 

実際のマイホームを体感できる

完成見学会の1番のメリットは、リアルな住まいが見られることです。

住宅展示場に建つモデルハウスは、各住宅メーカーが最新の技術と設備をPRするものです。モデルハウスの住宅はとても魅力がありますが、標準仕様よりグレードが高いことがほとんど。
 

一方、完成見学会で見られる住宅は、間取りや動線、天井の高さや収納部、色味による雰囲気など、モデルハウスと違って現実的な予算・規模・間取りが多いです。自分たちに近い暮らしのマイホームを実際に体感できるのが一番の魅力です。
 

設計担当者に住まいのポイントが聞ける

完成見学会では、住宅メーカーの設計士や営業担当者が案内してくれますので、間取りでこだわったところや、工夫したポイントを聞くことができます。
 

訪問マナー


完成見学会は、施主様(オーナー)のご厚意で開催されるものですので、傷をつけることのないように気をつけたいものです。
 

まず住宅メーカーに確認しましょう

必要な持ち物があるかどうか、募集要項を確認しましょう。

完成見学会ではスリッパと手袋が用意され、手ぶらで参加できることが多いですが、靴下をはくようにお願いされることもあります。


また、ごくまれに抱っこ紐で抱っこしている赤ちゃんのみ同行可など、来場条件があるケースもあります。見学に際して不安に思うことがあれば、申し込み時に聞いてみましょう。
 

傷をつけないように注意

「入居前の新居に傷をつけないのは当たり前」と言われてしまいそうですが、バッグで壁をこすってしまうことがあります。大きな荷物は持って行かない方が安心です。

また、お子さんがおもちゃを落として無垢の床を傷つけてしまうなど、意外とあることなので注意しましょう。
 

飲食NGです

ペットボトルや水筒を落としてしまったり、こぼしてしまう危険があります。水分補給も建物の外で行うという気持ちでいる方が安心です。
 

写真撮影は必ず確認を

参考になったからといっても、撮影していいかは必ず担当者に聞いて許可をもらってからにしましょう。
 

オーナー宅見学会おすすめ質問例

質問


実際に暮らすお施主さんの住まいを見学させてもらえる「オーナー宅見学会」。オーナーに直接話を聞ける機会は、実はそう多くはありません。住んでからしばらくたっているお宅の場合、経年変化がみられ味わい深くなっているのも魅力です。


「オーナー宅見学会」に参加されるなら、モデルルームや営業担当者にも聞けるような一般的な質問は後回しに。限られた時間ですから、オーナーさんにしか聞けない質問を用意しましょう。
 

「マイホームで気に入っているところ、苦労したところは?」

始めに、お気に入りのポイント(構造、間取り、設備、仕様、家事動線など)を聞いてみましょう。きっと住まいづくりのヒントになるはずです。

また、同時に苦労したところや、家づくりの過程でトラブルがあったかどうか、その時に営業担当者がどのように対応してくれたのかなどを聞いておきましょう。
 

「この住宅メーカーにした決め手は?」

すでにマイホームを建てて暮らしている人も、どこで建てるかを決めるまでに迷った経験があるはずです。住宅メーカーによって強みや得意分野は異なります。実際に住んでいるオーナーから話を聞くことで、住宅メーカー選びのヒントになります。
 

「採用して良かった設備は?」

住宅メーカーは、仕様や設備にたくさんの選択肢を用意しています。実際に使っている人から直接、話を聞けるのは貴重な機会です。

採用するか迷っている設備の使い心地を聞いて背中を押されたり、思わぬアイデアをもらえることもあります。
 

「家づくりで後悔していることは?」

注文住宅は、予算も検討する時間も限りがあるので、後から「こうしておけば良かった」と後悔している人も少なくありません。ただ、後悔していることや失敗談はなかなか聞きづらいものですよね。オーナーさんと打ち解けて、話がはずんだら聞いてみましょう。
 

機会があればぜひ参加を

入居間近のマイホームが見られる「完成見学会」と住んでみてからの感想が聞ける「オーナー宅見学会」は、どちらも頻繁には行われていませんが、タイミングがあえばぜひ参加をおすすめしたいものです。

モデルルーム見学と併用することで、住まいづくりの理解が深まるでしょう。
 

この記事をシェアする
住宅事業者の空き家問題対策と「資産価値」対策について
二世帯(多世帯)住宅の基礎知識と注意すべきポイント

この記事と同じカテゴリの記事・用語解説