2022.06.14
お気に入り

すっきりと使いやすい収納プランはどう考える?

「新しい住まいでは、すっきりと暮らしたい」「出し入れしやすく使いやすい収納が欲しい」など、間取りを考える中で、あれこれと悩むのが収納ではないでしょうか。ここでは、プランニングの前に知っておきたい収納プランの基本をまとめました。
 

収納計画の基本

収納プランを考える際は、まず、持ち物を把握することからはじめましょう。量やサイズ、家族の誰の物か、使い方の頻度(日々使用する物か季節物か)、どこで使用するかなどをリストアップ。現在の持ち物だけでなく、将来的に増える可能性のある物、買い替え予定の物なども考慮しておくこともポイントです。
 

その上で、それらはどこに収納したいかを考えてみましょう。基本は「使うところに、使う物」を収納すること。リビングで使う物はリビング近くに、寝室で使うものはクローゼットにと、必要な場所の近くにある方が使い勝手がいいものです。家族の動きをイメージして、生活動線、家事動線、来客動線などに沿って収納場所を検討するようにしましょう。
 

また、収納方法としては、「出しやすく、しまいやすい」ようにすることが大切です。収納する物に合わせた収納方法で、引き出しや棚など物に合わせるなどして、家族みんなが使い勝手のいい方法を検討することが重要です。
 

セキスイハイム「パルフェ JX」/ CBCハウジング 蟹江インター 住まいの公園

分散収納と集中収納、隠す収納と見せる収納

「使うところに、使う物」「出しやすく、しまいやすい」が収納プランの基本ですが、間取りを検討する際の収納プランの考え方のひとつとして、「分散収納」「集中収納」があります。
 

各部屋に収納スペースを確保する「使うところに、使う物」は「分散収納」の考え方で、ウォークインクロゼットや納戸などは「集中収納」となります。一般的な住宅の場合、家族構成やライフスタイルにもよりますが、日常的に用いる物は「分散収納」、衣類や季節の物や思い出の品などは「集中収納」、というように両方の考え方を組み合わせるプランが多いでしょう。
 

また、収納する方法やスタイルとしては、「隠す収納」と「見せる収納」に分けることもあります。扉などを設けて収納物が見えないようなスペースとするのが「隠す収納」、インテリアとして飾ったり、収納した物がすぐにわかるような方法は「見せる収納」です。壁に溶け込むような扉を設けてすっきりとした空間としたり、オープンな棚を設けて趣味の物を飾るなど、収納物に合わせてプランニングするといいでしょう。
 

アキュラホーム「大収納のある家」/ CBCハウジング 蟹江インター 住まいの公園

場所別の収納プランのポイント

家族構成や間取りによっても異なりますが、部屋ごとの一般的な収納方法のポイントを挙げてみましょう。
 

■玄関収納

玄関に収納したいものとしては、靴類が中心となりますが、最近ではアウトドア用品や衣類などを収納する多目的な収納スペースを確保するケースも増えてきています。たとえば、玄関や玄関ホールの壁面を利用した収納プラン。メーカーからも豊富な玄関システム収納が揃っているので、多様な組み合わせが可能です。
 

また、玄関から続く場所(隣)に部屋のような収納空間(シューズインクローゼット・シューズインクロークなど)を設けるプランも多くみられるようになりました。靴だけでなく傘やコート、買物カートやベビーバギーなどを収納できる便利なスペースです。
 

一条工務店「アイ・スマート」/ CBCハウジング 蟹江インター 住まいの公園

■リビング収納

リビングやダイニングなど家族のくつろぎの場に収納したい物には、テレビ、ゲームやパソコン、新聞・雑誌、子供のおもちゃ、アイロン、家計書類や薬箱、掃除用具など、多様な物が考えられます。


リビングボードなどの置き家具を設置する方法もありますが、壁面収納を採り入れるケースも多いでしょう。壁面に合わせて書棚や飾り棚などを造作する方法もありますし、建材メーカー商品を利用することも。メーカーのシステム収納商品は、空間や収納するものに合わせて、キャビネットや扉材などを自由に組み合わせることができるタイプが揃っています。テレビやAV機器を組み込んだり、本棚や飾り棚などに対応したパーツなどもみられます。
 

スウェーデンハウス「ヒュースプレミエゴーデン」/つくばハウジングパーク ANNEX

■寝室・子供部屋

寝室や子供部屋などのプライベートスペースには、クローゼットが多くプランニングされます。壁面を有効活用したクローゼット、広めに確保できるのであればウォークインクローゼットも使いやすいものです。建材メーカーの商品なら、クローゼットに用いる棚やハンガーなど内部パーツなども揃い、自由に組み合わせることが可能です。
 

クローゼットの扉は、近くにベッドや家具などがあっても邪魔になりにくい、折れ戸タイプや引き戸タイプが向いています。ウォークインクローゼットの場合も、開け放しておくことができる引き戸タイプは使い勝手もいいでしょう。
 

また、どうしても空気がこもりがちなので、調湿性のある内装材を用いたり、窓や換気扇など設けるなど湿気対策もポイントです。
 

住友林業「The Forest BF」/ CBCハウジング 長久手 住まいの公園

■キッチン

キッチンの収納スペースとしては、多くはシステムキッチンのキャビネットを用いることになるでしょう。基本的な収納スペースを確保した「キッチン部分」と、食器や家電製品などを収納する「周辺ユニット・カップボード部分」など、各メーカーともに、収納するものに合わせ、使い勝手を高めた多様な商品を揃えています。


空間プランとしては、食料や食器、調理道具などを貯蔵、収納するパントリーも注目されています。キッチンまわりの「集中収納」として、食品の保存場所などとして重宝するものです。
 

■洗面・トイレ

洗面室は、脱衣や洗濯などに利用するケースも多いため、目的に合わせた収納プランが必要です。造作で物入れや棚などを設けたり、収納スペースが充実した洗面化粧台を取り入れてもいいでしょう。限られた空間なので、デッドスペースを作らないように。タオルや下着、石鹸やシャンプーなどストック分のスペースも考えておきたいものです。
 

トイレにも、トイレットペーパーやタオルなど、収納しておきたいものがあります。手洗器を設けたカウンターの下や天井付近などを利用するプランもみられます。メーカーからは、手洗器と組み合わせた収納キャビネットなども揃っています。
 

デッドスペースなども活用して。モデルハウスも参考に

収納スペースを増やすためには、デッドスペースを有効活用する方法も。たとえば、床下を利用して収納スペースを確保してもいいでしょう。キッチンや洗面室などに設ければ、保存食や日用品のストックを収納することができるでしょう。また、小屋裏やロフトスペースを納戸のように用いる方法もあります。使い勝手を高めるためには、収納しやすく出しやすい場所に配置すること、使いやすく安全な階段やはしごを設けることなどがポイントでしょう。
 

収納プランは、家族構成やライフスタイル、間取りによって大きく異なります。わが家にとってどのような収納が使いやすいのか、現在の暮らしの中での使いやすさだけでなく、不便さも明確にしておくとプランニングに役立ちます。
 

最近のモデルハウスでは、玄関のシュークローゼット、寝室のウォークインクローゼット、キッチンのパントリーなどの提案が多くみられます。また、リビングなど、くつろぎの場での見せる収納プランの工夫も参考になるでしょう。また、VRモデルハウスであれば、実際のモデルハウス空間をバーチャル体験することも可能です。自宅で家族と一緒にVR空間を歩き回り、収納プランの多様さを体感してみてください。
 

ユニバーサルホーム「Kiduki(きづき)」/ CBCハウジング 長久手 住まいの公園

 

この記事をシェアする
自宅ワークスペースの取り入れ方とおすすめ実例7選
シンク、水栓、カウンターetc. いまどきのシステムキッチン選びのポイント

この記事と同じカテゴリの記事・用語解説