2022.06.20
お気に入り

自宅ワークスペースの取り入れ方とおすすめ実例7選

働き方改革やテレワーク(リモートワーク)の推進で、自宅で仕事をする人が増えました。マイホームを計画中で、ワークスペースをつくりたいという人もいるのではないでしょうか。

 

ワークスペースは仕事をする場所というだけでなく、お子さんの学習や、読書、趣味などにも使える多目的なワークスペースが主流です。施工例をご紹介しながら解説します。

 

自宅ワークスペースは完全個室・半個室・オープンの3種類

「会社がテレワークを導入したので、自宅で効率よく仕事をしたい」

「子どもにリビング学習をさせたい」

「趣味スペースを持ちたい」

などの理由で、住まいのプランにワークスペースを取り入れる人が増えています。

完全個室の書斎に加えて、最近では半個室やオープンなワークスペースも増えています。

 

半個室のワークスペース

広い通路の一部やデッドスペースになりがちな場所、スキップフロアの中2階などを上手に活かした半個室のワークスペースです。壁に囲まれているため集中できます。

 

オープンなワークスペース

家事や見守りをしながら、リビングのソファーでくつろぐ家族と話しながら作業できる、オープンなワークスペース。電話やオンライン会議が少ないお仕事の方や、お子さんのリビング学習、趣味スペースにもおすすめです。

 

マイホームに家族それぞれの個室は作れなくても、オープンなワークスペースであれば確保しやすいです。

 

ワークスペースの施工例写真

ワークスペースの実例をVRモデルハウスからピックアップしました。

 

実例1:家事が楽になるワークスペース

トヨタホーム「シンセ・フィーラス」/ CBCハウジング 長久手 住まいの公園​​


料理担当の人が、調理の合間にPC作業できる場所を確保するなら、キッチンの近くにワークスペースを設けるのがおすすめ。シンクやコンロとの動線が短いので、時間と場所を効率よく使えます。

 

実例2:階段前スペースを上手に生かしたワークスペース

積水ハウス「イズ・ロイエ 和モダン」/ CBCハウジング 長久手 住まいの公園


階段前のスペースを少し広く取り、段差を生かして作られたワークスペースは堀机スタイル。和モダンの住宅に馴染みます。リビング、ダイニングに面しているので、趣味スペースや子どもの勉強スペースとしても活用できます。

 

実例3:住まいに複数のワークスペース

スウェーデンハウス「グラン」/ 朝日新聞総合住宅展示場 ハウジングプラザ三鷹


ワークスペースを住まいに複数配置した実例です。大人2人が横並びで座っても十分なスペース。背面がリビングルームなので、お子さんの学習スペースにしたり、家族と話しながら趣味に没頭したりと幅広く使えそうです。

 

スウェーデンハウス「グラン」/ 朝日新聞総合住宅展示場 ハウジングプラザ三鷹


同じ家の中にもう一つワークスペースがあります。廊下部分を上手に活用したプランで、家事をしながら仕事や読書がはかどりそうな空間です。

 

実例4:リビング学習が進むワークスペース

住友林業「The Forest Proudio BF」/ CBCハウジング 名駅北


こちらはお子さんのリビング学習を想定したワーキングスペースです。お子さんが低学年のうちはここで宿題をして学習の習慣をつけ、子ども部屋で自主的に勉強するようになったら、大人が使ってもいいですね。

 

実例5:横並びに複数のワークスペース

サーラ住宅「Coco-air」/ CBCハウジング 長久手 住まいの公園


横並びにワークスペースが並んだ実例です。左側は3方向が壁で囲われていて集中できそうです。右側はリビングにいる家族の顔が見える位置で、家族とコミュニケーションを取りながら趣味のスペースにするのも良さそうです。

 

実例6:スキップフロアの中2階に作ったオープンなワークスペース

ネクストハウス「アクティエ」/ CBCハウジング 長久手 住まいの公園


マイホームをスキップフロアで計画されている方は、中2階にワークスペースをつくるのもおすすめです。1階にいる家族の気配を感じながら、仕事ができます。視線がひらけているので、明るく開放感があります。

 

ネクストハウス「アクティエ」/ CBCハウジング 長久手 住まいの公園


中2階のワークスペースをダイニング側から見た様子です。コンパクトながら、1階にもワーキングスペースがあるのも見逃せません。本を読んだり日記をつけたり、自分だけの専用スペースがあるとうれしいですよね。

 

実例7:スキップフロアを生かした半個室のワークスペース

ミサワホーム「CENTURY 蔵のある家」/ ハウスセレクション彦根


スキップフロアの中2階につくる、半個室のワークスペースです。ドアがないため密室空間ではありませんが、広さを確保した空間は集中できます。リビングが見通せる大きなガラス窓があり、家族とのコミュニケーションが取りやすい点もポイントです。

 

まとめ

ワークスペースの事例をご紹介してきました。

お子さんの成長や仕事のスタイルの変化で、ワークスペースの使い方も変わります。

おうち時間が長くなったいま、家族が自分の時間を心地よく過ごせるように、ワークスペースを取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする
満足度の高い住まいづくりのためには情報の接し方に注意を!
すっきりと使いやすい収納プランはどう考える?

この記事と同じカテゴリの記事・用語解説