2022.06.10
お気に入り

対面キッチンの魅力と気をつけておきたいポイント

キッチンプランとして人気のある対面キッチン。調理中も家族とのコミュニケーションが図れるプランとして多くの方に支持されているタイプです。対面キッチンと言ってもそのプランはさまざま。プランニングの基本と注意点をまとめました。
 

さまざまなプランがある対面キッチン

新しい住まいは、対面キッチンにしたい、と望む方も多いでしょう。対面(型・式)キッチンとは、文字通りダイニングやリビングなどに対する形で、キッチンの作業ができるスタイルのこと。壁付(式・型)キッチンに対して呼ばれているものです。
 

ひとくちに対面キッチンといっても、多様なプランがあります。たとえば、ひとつのDK空間を間仕切るようにキッチンキャビネットを設置するプラン。島のように独立させたアイランド型、左右どちらかが壁に接しているペニンシュラ型などに分けることができます。また、造作壁と組み合わせてI型やL字型としたプランは、壁の設け方によって、開放的なオープンキッチンにもセミオープンにも。壁付のキャビネットと組み合わせてII型としてもいいでしょう。
 

吊戸棚の有無でもプランは大きく異なりますし、対面部分に食事などができるカウンターを設けるかどうかでも、スタイルはかわるでしょう。
 

積水ハウス「イズ・ロイエ 和モダン」/CBCハウジング 長久手 住まいの公園

対面キッチンのメリット

さまざまなタイプがある対面キッチンですが、一般的に、下記のようなメリットが考えられます。
 

■コミュニケーションがとりやすい

ダイニングやリビングにいる家族から孤立せず、コミュニケーションがとりやすいことが大きな魅力でしょう。調理をしながらでも、リビングやダイニングにいる子供の様子が分かることは、子育て世代に人気の理由のひとつです。お客様がいらしても、会話をしながら作業ができるのはうれしいポイントでしょう。
 

■多人数で作業しやすい

プランニングにもよりますが、多くは作業の様子がダイニングやリビングからも分かるので、家族みんなが協力しやすいとも言われています。ホームパーティーの際には、友人たちと一緒に準備や片付けがしやすいメリットもあります。
 

■配膳しやすい

広い調理スペースやカウンターなどを設けたプランであれば、一時的に置くことができるので、配膳や片付けがしやすく使い勝手もいいでしょう。
 

■開放感がある。テレビを見たり、窓の外を眺めることも

間取りやレイアウトにもよりますが、ダイニングやリビングにあるテレビを見ながら作業ができるメリットもあります。朝の忙しい時間には便利なことも。また、ダイニングやリビングを向いているため開放感があり、リビングの窓からも屋外の景色を楽しむことができるでしょう。
 

旭化成ホームズ「FREX」/CBCハウジング 名駅北

対面キッチンのデメリット

プランニングにもよりますが、デメリットを理解した上で、検討することが大切です。
 

■音やニオイが気になる

換気計画をしっかりすることが基本ですが、料理の種類などによっては、ダイニングやリビングにニオイが広がってしまう場合も。また、調理や片付けの音が大きく、会話ができない、テレビの音が聞こえない、というケースもあるようです。

 

■通路幅のためのスペースが必要

壁付けのプランに比べて、対面にすることで、通路を確保する必要があります。どのくらいのスペースを確保できるか、ダイニングやリビングを含めて検討することが大切です。

 

■くつろぎの場からごちゃごちゃが見えやすい

プランニングによっては、ダイニングやリビングから調理後の調理器具などが雑多な様子が見えてしまうことも。汚れものが見えていては、ゆっくりと食事ができない、急な来客時に困る、ということもあるようです。

 

プランニングのポイント

キッチンプランに限ったことではありませんが、まず、なぜ対面キッチンにしたいのか、その理由を明確にすることが大切です。子供の様子を見ていたい、コミュニケーションを取りながら作業をしたい、家族で調理をしたい、カフェのようなインテリアにしたい、など、優先順位をはっきりと、希望をまとめてみましょう。その上で、住まい全体の間取りやLDK空間のつくりに合わせて、どのような対面のスタイルが適しているか、検討することが大切です。

 

プランニングを進める際には、予想されるデメリットを解消する工夫はもちろん、設備機器をとりいれることも必要でしょう。各メーカーのシステムキッチンには、デメリットを解消したり、軽減できる提案が多くみられます。たとえば、気になる作業音。水流がシンクに落ちる音や流れる音に対しては、シンク裏の底面や側面などの構造に工夫をした静音設計のタイプも一般的となっていますし、静音設計の換気扇や食器洗浄乾燥機などもあります。

ニオイに関しては、換気扇や給気口の配置など、適した換気計画が重要ですが、ダイニングやリビングに自然素材など、ニオイ成分を分解できる性能を持つ内装材を用いてもいいでしょう。
 

その他、ごちゃごちゃを見せないように、手元を隠す立ち上がりを設けても。ダイニング側から水栓金具やシンクが見えないようにすることで、汚れたフライパンやお皿があっても気にならないのではないでしょうか。
 

スウェーデンハウス「グラン」/tvkハウジング たまプラーザ


また、使い勝手を高めるために、対面キャビネット部分にカウンターを設けてもいいでしょう。配膳や片付けなどに便利なカウンターとするか、簡単な食事ができるカウンターとするのか、ポットやコーヒーメーカーなどの家電を置くスペースも必要なのかなど、わが家の暮らしに合わせてプランニングを。カウンターではなく、ダイニングテーブルを一体化する方法もあります。子供の宿題を見ることもできますし、在宅ワークにも重宝するかもしれません。
 

空間やキッチン機器のデザインにもこだわりたい

対面キッチンの場合、ダイニングやリビングの空間とのコーディネートも重要なポイントです。特に、オープンタイプの場合、性能や機能だけではなく、デザイン性の高いキッチンキャビネットや機器を選びたいものです。キャビネット扉のデザインは豊富に揃っていますし、換気扇や水栓金具などの機器なども多種多様。ダイニングやリビングからの見え方に配慮してプランニングするようにしましょう。
 

人気の対面キッチンですが、ライフスタイルや家族構成に適したタイプとしないと使い勝手の悪いものになってしまいます。さまざまなプランが考えられるので、ショールームやモデルハウスなどで、さまざまな対面スタイルを体感してみることがポイントです。
 

空間ボリュームやつくり、ダイニングやリビングとのつながりなどを参考に。作業をイメージして、空間内を動いたり、行き来してみるといいでしょう。VRモデルハウスであれば、実際のモデルハウスのキッチンをバーチャルに体験することが可能です。対面キッチンのプランも多くみられるので、自宅でVR空間のキッチンを歩き回り、確認してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする
建坪28坪でパントリーが作れなかった我が家。キッチン収納で工夫したことは?

この記事と同じカテゴリの記事・用語解説