2022.06.09
お気に入り

人気のリビング階段の設計ポイント

リビング階段とは、その名前の通り、リビングの中に階段がある近年人気の間取りです。

家族のコミュニケーションが取りやすく、オシャレなおうちになるため、多くの住宅に採用されています。この記事では、リビング階段のメリットやデメリット、リビング階段で後悔しないために気をつけたいポイントもご紹介します。
 

リビング階段の魅力

まずリビング階段が人気の理由を探っていきましょう。
 

デザイン階段でインテリア性がアップ

桧家住宅「スマート・ワン カスタム」/ CBCハウジング 名駅北


リビング階段はデザイン性が高いものが多く、吹き抜けやスキップフロアにつなげるプランが多いので、とてもおしゃれです。

手すり壁を透け感のあるものにすれば、リビング階段の向こう側の部屋との一体感が増し、開放感も感じられます。物をしまい、スッキリと暮らしたい人にもぴったりです。
 

家族のコミュニケーションが増える

リビング階段がファミリー層に支持されている理由の一つは、家族の会話が増えること。外から他の家族が帰ってきたときに、まずリビングやダイニングを通る間取りになるため、自然と家族の会話が増えるんですね。1階から2階にいる家族の様子もわかるため、コミュニケーションも取りやすくなります。
 

リビング階段のデメリットや懸念点

もちろん良いことばかりではなく、リビング階段にして後悔している方もいらっしゃいます。少しの工夫で暮らしやすくなりますので、デメリットなどを知っておくといいですね。
 

冷暖房効率が良くないのではという不安

リビングに階段があると光熱費が高くなりそうだし、冬は寒いのでは?と不安になる方もいると思います。確かにリビング階段をつけると、吹き抜け部分やダイニング、キッチンも含めた大空間になり、これらをエアコンで温めようとすると電気代が高くなりがちです。
 

リビング階段をつくるなら、住まいの高断熱化・高気密化をおすすめします。詳しくは後述しますが、1階のリビングやダイニングに床暖房をつけることで、1階の暖気が上り、家全体が暖かくなります。
 

2階に音やにおいが伝わりやすい

1階の音やにおいが2階に伝わりやすく、反対に2階の足音が1階にいて気になってしまうことも。家族間コミュニケーションがとりやすいのがリビング階段のメリットですが、逆に音や声が気になると感じてしまうこともあるかもしれません。
 

特に二世帯同居で生活時間帯の異なる家族が一緒に住む場合、小さな生活音でもストレスになることも。ライフスタイルの変化や同居の家族構成も考えて採用するといいでしょう。
 

階段下空間の活用には工夫を

一条工務店「アイ・スマート」/ ハウスセレクション彦根


「スケルトン階段」とは、このように踏込み板(段の縦方向の板)がなく、向こう側が見える階段のことをいいます。スケルトン階段にするなら、階段下は収納として使えません。住んでみて「収納スペースが足りない!」ということのないように、他の場所に収納を計画しましょう。

スケルトン階段の下は、グリーンや小物を飾ってすっきり見せるといいですね。
 

後悔なし!リビング階段の設計ポイント

リビング階段で想定されるデメリットは、以下のような点に注意することで気にならなくなります。設計のポイントをお伝えします。
 

家全体を高気密・高断熱にする

リビング階段にすると夏は暑く、冬は寒いのでは?と思われがちですが、いまは断熱窓や断熱サッシなど断熱性能の高い建材が揃うほか、住宅の高気密化・高断熱化が進んでいます。最近の戸建て住宅であれば、心配には及ばないでしょう。
 

とはいえ、お部屋の快適さは数値化が難しく、感じ方にも個人差がありますよね。リビング階段にするなら、1階のリビングに床暖房を設置したり、サーキュレーターやシーリングファンを使ったりして、1階とリビング階段の気温差をできるだけなくすと快適に過ごせます。
 

スケルトンのリビング階段はライフスタイルで選択

桧家住宅「スマート・ワン カスタム」/ CBCハウジング 名駅北


リビングにスケルトン階段があると住まいがスタイリッシュになるため、とても人気です。階段そのものがおしゃれな家具のようですよね。

ただし、スケルトン階段は、小さいお子さんやお年寄りには上り下りが危なく、赤ちゃんの上り下りを防ぐベビーゲートの設置も難しいです。スケルトン階段を取り入れる前に、ご家族でよく話し合ってみてください。
 

リビング階段は照明の配置もポイント

スウェーデンハウス「アルム」/ 北海道マイホームセンター 帯広会場


リビング階段と相性のよい吹き抜けは、照明計画にもひと工夫を。長寿命といわれるLED電球も、必ず交換する日がやってきます。できるだけ脚立をつかわず立った姿勢で電球を替えられるように、ペンダントライトや壁付けスポットライトなどを活用すると安心です。
 

リビング階段で住まいをおしゃれに!

リビング階段を成功させるポイントをお伝えしてきました。一見デメリットに思えることや心配になる点も、少しの工夫で心地よい住まいにできます。
 

リビング階段は長く過ごすリビングやダイニングからいつも見えるもの。すてきな階段があるだけで、より一層住まいに愛着がわくのではないでしょうか。

この記事をシェアする
使いやすい玄関になる設計とデザインのポイント
やっぱり吹き抜けがほしいけど、デメリットはないの?

この記事と同じカテゴリの記事・用語解説