2021.11.05
お気に入り

住宅展示場ではどこを見る?比較検討でチェックすべきところ

住宅展示場のモデルハウスはどのような場所であり役割があるのか、皆さんはどう活用すべきなのか、整理しまとめてみました。住まいづくりの初期・中期・最終段階に分けた活用法に加え、インターネット情報とのからみ、営業担当者との付き合い方などにも言及します。

 

モデルハウスとはどんな場所なのか

住宅展示場のモデルハウスについて、改めて役割を整理しておきます。

まず、出展しているハウスメーカーの視点から。近年になって、バーチャル展示場・モデルハウスが登場したことで、その位置付けに変化が表れていますが、かつてと同様、彼らが重視する場所です。

それは、コロナ禍の状況下でも変わりません。というのも、リアルな建物があることで、皆さんのように住宅取得を検討する人たちに、自分たちの住まいづくりについて知ってもらう、あるいは具体的な住まいづくりのイメージを持ってもらいやすいからです。

また、住宅展示場にはさまざまなハウスメーカーのモデルハウスがありますから、皆さんが比較をする中で、それぞれのハウスメーカーの特徴について理解してもらいやすい、という点もあります。

一言で「ハウスメーカー」と一括りにされがちですが、各社の特徴はさまざまです。建物の中に入って、見て、触れて、歩き回り、さらにスタッフと会話する中で、違いに気づき、その積み重ねの中で住まいづくりのイメージが生まれてくるものなのです

一括りにされがちなハウスメーカー。しかし、建て方や使われる素材をはじめとしてそれぞれに異なる個性がある。写真は、軽量鉄骨造の施工現場の様子

 

一方で、「モデルハウスは大きくて豪華すぎ、住まいづくりの参考になりにくそう」という見方もあります。これについては、モデルハウスには、皆さんに「新居に夢を感じて欲しい」という狙いがあるためです。

他のハウスメーカーのモデルハウスと同じような建物だったら、関心を持ってもらいにくくなります。大きく豪華な建物にすることで関心を引き、皆さんの暮らしや好みに合う提案を見つけて参考にしてください、というわけです。

ちなみに、近年は「リアルサイズモデルハウス」を住宅展示場に出展するハウスメーカーもあります。平均的な住宅の延べ床面積40坪(約120㎡)程度の大きさの建物で、これだと皆さんは住まいづくりにより具体的なイメージを持ちやすいでしょう。

また、特に都市型タイプに増えているものですが、通常1棟のモデルハウスを建てる敷地に、2棟のモデルハウスを建てるケース、あるいは1棟なのですが、2棟で構成されているようなモデルハウスも存在します。

これらは、都市部における住まい方をより具体的に表現したものです。皆さんが訪れようと考えている住宅展示場にはどのようなモデルハウスがあるのかホームページなどで紹介されていることがほとんどですので、確認すると良いでしょう。

 

モデルハウス見学の心構え

次に、皆さんの立場からモデルハウスについて見ていきます。皆さんはこの場所について、どのようにお考えでしょうか。「まだ住まいづくりについて具体性を持ってもいないのに、足を運ぶのは気が引ける」などという方もいらっしゃるでしょう。

豪華な建物を見て、審美眼を養うこともより良い住まいづくりには重要。その中に採り入れられる要素があるかもしれないからだ。写真は、東京・駒沢にある最高級モデルハウスの内部の様子

 

また、「具体的に何を見て、どう振る舞えば良いのか分からない」などと考えている方もいるようです。そこで申し上げたいのは、一切、遠慮することはないということ。何を見て、どう振る舞えば良いかについても特に決まったスタイルはありません。

皆さんなりにモデルハウスを見て回れば良いのです。ただ、そうは言っても、住宅展示場には数多くのモデルハウスがあります。全て見学するのは体力的にも時間的にも大変な作業ですので、何らかの指針を持つことも必要とも思われます。

何事もそうですが、目的意識のようなものを持っている方がスムーズに効率良く、楽しくことが運べるはずですから。そこで、以下ではモデルハウス見学のポイントについてご紹介いたします。

 

モデルハウス見学で何をすべきか

ポイント(1) 「勘所(かんどころ)」を養う<初期段階>

インターネットの普及以降、以前に比べて住宅取得についての情報へのアクセスが飛躍的に容易になりました。これにより、自宅で効率良く数多くの情報の中から検討できるなど、さまざまなメリットが生じました。

ただ、一方でリアルな検討の体験をほとんど経ることなく、長期的なライフスタイルの変化などを軽視して決断をし、結果的に満足度が低い住宅の取得をしてしまうケースが多々見られるようです。

例えば、注文戸建て・分譲戸建て・分譲マンションと、住宅取得には大きく分けて3つのスタイルがあるわけですが、どれが皆さんに適しているのか、決めかねているという方も多いと思われます。

そうした状況で、情報との向き合い方を間違ってしまうと、「予算」「広さ」「立地」などといった表面的な検討に終始してしまい、選択肢を狭めてしまう上、将来的な満足度を左右する、踏み込んだ検討をせずに決断してしまうということが起こりうるのです。

インターネット情報には作為的なものも含まれるのはよく知られること。専門用語の確認など、あくまで情報入手ツールの1つの手段として活用するにとどめ、過信することがないように注意しましょう。

そして、住宅展示場のモデルハウスやマンションのモデルルームをめぐり、そこでのリアルな体験もしましょう。その中で、「こんな家が良いよね」というイメージが自然と生まれるはずです。

具体的には、「どんなデザインの住宅が自分たち家族に合っているのか」などといったものに関する捉え方が固まってくるはずで、これはいわば住まいを検討する上で必要な「勘所」のようなものです。

住宅検討の初期段階では予算のことなど気にせず、さまざまな建物を見学すると良いでしょう。また、住宅取得までの時間的余裕を持つことも大切です。以上は、住宅取得の検討にあたっての「コツ」のようなものとも言えます。

ポイント(2) 「経験値」を積む<中期段階>

さて、住宅取得にはいくつか格言のようなものがあります。その中に、「三度目でようやく満足がいく住まいづくりができる」というニュアンスのものがあります。

住宅取得には慎重さが必要ということを意味しますが、これは「経験をすることで失敗を防げる」ということを示唆しています。といっても、三度も住まいづくりを経験できるのは、よほど裕福な人でないと無理です。

そこで、皆さんが住まいづくりに関する経験を積む手助けとなるのがモデルハウスというわけなのです。住まいづくりのイメージを、モデルハウス見学などを積み重ねることによりさまざまな角度で検討することで、少なくとも致命的な失敗は防げるはずです。

モデルハウスの見学で経験を積みたいこと、知識を得たいことは、現在の住まいづくりに必須な省エネなどの性能についてはもちろんのこと、間取りや動線、収納のあり方、各種設備機器の導入などさまざまです。

重要なのは、それらについて理解する中で、皆さんの暮らしにどのような利便性が生まれるのか、理屈を知り納得することです。前述の「三度目で~」のケースは、納得せずに家づくりをしたことが原因になっていると思われます。

以上のような経験を経ると、モデルハウスのスタッフも皆さんの住まいづくりに関する熱意のようなものを感じ取り、彼らの押しつけではない、皆さんそれぞれにとって適したアドバイスや情報提供をしてくれるでしょう。

ポイント(3) イメージをブラッシュアップする<最終段階>

この段階は、依頼先候補をある程度絞り、決断するといった状況です。中期の段階までにおぼろげな住まいづくりのイメージはできているはずですので、それをより具体化していく中で、どのハウスメーカーに依頼するのか決断していきましょう。

各ハウスメーカーから初期レベルの提案は出てきているはずです。それをベースに、さらに皆さんにとって暮らしやすくなるアイデアが追加され、最終的なプラン提案が行われます。

その中から皆さんが最も優れている、納得できるものを選択し、最終的に依頼先を決めるという流れになります。その際にも、モデルハウスを積極的に活用しましょう。

収納の手法も様々なスタイルがある。写真は階段の踊り場に収納を設け、お気に入りのレコードジャケットを展示した事例

 

というのも、ハウスメーカーのモデルハウスは、同じ企業、同じタイプ(郊外型・都市型など)でも場所により建物のデザインやインテリアデザイン、対象とする家族構成などが異なるからです。周辺のモデルハウスなど、多数の事例を見学して参考にすべきです。

inTOWNのVRモデルハウスを活用すれば、遠くのモデルハウスの間取りや動線などもバーチャルで確認することができます。モデルハウス一覧から黄色の「VR」アイコンが付いたモデルハウスをご覧ください。

 

営業担当者との接し方も住まいづくりに欠かせない経験

モデルハウスには営業担当者らスタッフがいて、彼らとどう接するべきか、思い悩んでいらっしゃる方も多いようです。しかし、これは、どのような住宅取得のスタイルであっても避けることのできない過程、経験です。

だったら、「良い人」との出会いを探すことを住まいづくりの大きなテーマの1つに据えてみてはいかがでしょうか。ここで言う良い人とは、ハウスメーカーの立場ではなく、皆さんの立場に立って、住宅取得の検討に寄り添ってくれるというイメージです。

一生に一度の高額な買い物をするのですから、皆さんのペースで、皆さんの価値観を重視しながら住宅取得をすべきだからです。そうしたことを汲みつつ、皆さんが不利な状況になりそうな時に、的確なアドバイスをしてくれるようだとなお良いでしょう。

モデルハウスなどの見学を通じ、「この人なら住まいづくりを託せる!」と思える、信頼できるパートナーと出会うことが大変重要

 

ハウスメーカーの中には1棟の平均請負金額が3,000万円を超える企業がありますが、それはあくまで平均のこと。まずは、予算のことは度外視にして、営業担当者に相談してみれば良いのです。予算はご両親からの援助などを含め、解決できる部分もあるからです。

最後に、こんな営業担当者、ハウスメーカーには注意を、という事例を1つ紹介しておきましょう。

それは「何でもできます」と、言ってくるケース。個人にせよ、企業にせよ、万能なんてあり得ませんから、これはNGです。

逆に、「こういうことは難しいですが、こうすれば逆に良くなりますよ」などと、皆さんの予想を覆すようなアドバイスがあるようなら、しっかりと評価すべきでしょう。それは、相手の立場に立った提案だからです。

住宅取得、中でも注文住宅は、意思の疎通がスムーズに行えるパートナー選びが重要な要素になります。そのためにも、モデルハウスに数多く足を運び、営業担当者などと多くの話をして、信頼に足る人物を探し出し、それを依頼先選びのカギにされてはいかがでしょうか。

【関連記事】
初めて足を運ぶ人のための住宅展示場ガイド

【関連ページ】
住宅展示場を探す

この記事をシェアする
家を買うならマンション!だった我が家が「注文住宅」を選んだ理由

この記事と同じカテゴリの記事・用語解説